呼吸で奏でる。

ドラムと身体。山北弘一@東京/大阪

カフェイン断ち

思うところあって、カフェインをしばらく止めてみることにしました。今日で丸3日が経過。

コーヒーは10代から毎日飲んでおり、最近は仕事が立て込むと一日4杯くらいでした。

今月頭の大阪出張中(毎月上旬は、8日間ほど大阪に滞在しています)は特にカフェインが多く、ふと「これはドーピングではないのか?」と思ったのです。

分子栄養学の講座で、副腎疲労の人がカフェインを常用しているケースが多いと知ったのもあり、これは一度止めてみて、カフェインなしの自分の状態を一度確認しないとまずいぞ、と思ったのですね。

カフェイン断ち初日は、特に何事もなく。

二日目にきました。二日酔いのような偏頭痛です。

そしてやる気が出ない、元気が出ない。

疲労感。

眠気。

 

「そうか、これが僕の身体の現状か、、」という感じでしたね。疲れてたんやなー、ということがわかりました。

昨日は昼寝して、夜も多めに寝て、そして本日。

昼は眠かったですが、夜になって元気が戻って来ました。やったね!

 

先日の血液検査読み解きの会で「数値の割に元気」と指摘されたのは、多分にカフェインのお陰だったようです。

カフェインがないとまともに動けないかも?という人は、結構多いのではないかと思います。

疲労の度合いを把握するためにはカフェイン断ちはオススメですが、週末や連休など仕事に差し支えない日にした方が良いですね。

ちなみに昨日は頭痛が酷かったですが、夜は久しぶりに夢を見ました。自律神経が整ってきた感じです!

f:id:yamakita-k:20170615235602j:image