呼吸で奏でる。

ドラムと身体。山北弘一@東京/大阪

「防御反射」がリズムを狂わせる。

自分の音にビックリ!?

大きな音にビックリすると、身体は瞬間的に「ビクッ」と緊張します。この反応を防御反射といいます。危険から身を守るための、本能的な身体のはたらきですね。

この防御反射。実はドラムの音でも起こります。

スネアをばーんと叩いた時なんかに、よーく観察すると目が閉じたり、おなかの奥のほうが緊張したりといったことが、ほんの少しですが起きているケースが結構多いのです。

防御反射が起きると動きの流れが止まり、リズムが狂う原因になります。

防御反射をなくすためには「慣れ」しかありません。「これくらいの加減で叩けば、これくらいの音が出る」というのが自分で読めるようになる必要がありますね。

防御反射とストレスの関係

防御反射が起きるもう一つの場面は、他人の音を聴くとき。

「ズレたらいけない!」「合わせなければ!」という気持ちと相まって、自分が音を出していない時にも、誰かの出した音でおなかの奥が緊張したりします。

これも「慣れ」によって克服できますが、身体がストレス過多の状態の場合、慣れることが難しいケースもあります。

人間は、騒音や眩しすぎる光、化学物質の匂いなどの刺激(=ストレス)に対して、副腎から抗ストレスホルモンを分泌することで耐えます。しかしストレス過多の人は副腎が疲労しており、ホルモンを十分に出すことができなくなっている場合があります。

この場合「慣れ」だけでは防御反射を止めることが難しく、根本的なストレス対策が必要です。

  • 手汗が多い
  • 首・肩が凝りやすい
  • 腰痛がある
  • 息を吸い込むと肩が上がってしまう(呼吸が浅い)

いずれかに当てはまる人は、副腎疲労でストレス耐性が低下しているのかもしれません・・・。

とはいえ、ドラムが叩けるくらい元気な人なら、ドラムでストレス解消するのが一番!なんでもアリの心構えで、自由に叩きまっくて発散してみては!?