呼吸で奏でる。

ドラムと身体。山北弘一@東京/大阪

大阪最終日

昨日は大阪WS。参加者は少なめでしたが、そのぶん一人一人に叩いてもらう時間をたくさん作ることが出来、濃い時間になりました。 ドラムってバンドでも後ろの方にいますので、人と向き合った状態で叩く機会は滅多にないという人が殆ど。 昨日はスネアで5スト…

「足し算」よりも「引き算」が大切

分子栄養学は、身体に足りていない栄養素を細胞レベルで判断し、食事やサプリメントで調整することで身体を良くするための栄養学です。 血液検査や毛髪ミネラル検査等の数値から推測して、不足している栄養素を割り出して、それを摂取する。単純明快、わかり…

自分を見なければ

今日はドラムを教えていて気付いた、少しドキッとするかもしれないお話。 学ぶは「まねぶ」という言葉があるように、新しいことを覚える時には、必ずお手本を真似ることから始まりますよね。 先生のお手本をよく見る。独学なら映像をよく見る、観察する。穴…

感動する力

土曜日から大阪入りしています。小学四年生の女の子が習いに来てくれているのですが、二回のレッスンで相当音が変わりました。たった一つのアドバイスをキャッチする力には、感心する他ありません。 いい音が出た!嬉しい!最高〜! という心の動きが、表情…

東京WS、5月分終了しました!

日曜日はドラムワークショップでした。東京も盛り上がってます! 少人数なので、ダブルストロークを題材に一人ずつアドバイスさせてもらいました。その中で奏法のポイントをシェア。 全体練習には、最近導入した「スネア一台 VS みんなのスティック」方式。…

山北弘一の自己紹介

はじめまして、山北弘一と申します。各地でドラムを教えたり、気功整体の施術をさせて頂いたりしています。 略歴 1976年大阪生まれ。ドラムに出会ったのは15歳の時。20代の頃はプロの端くれとして音楽活動に明け暮れつつ、職を転々としながら修行期間を過ご…

「防御反射」がリズムを狂わせる。

自分の音にビックリ!? 大きな音にビックリすると、身体は瞬間的に「ビクッ」と緊張します。この反応を防御反射といいます。危険から身を守るための、本能的な身体のはたらきですね。 この防御反射。実はドラムの音でも起こります。 スネアをばーんと叩いた…