呼吸で奏でる。

身体の使い方を教えるドラムレッスン 山北弘一@東京、大阪

2月の「ドラマーのための身体塾」

毎月開催、ドラマーのための身体塾。今月のテーマは「パラディドル」です。 パラディドルって、それ自体がとてもメロディアスな手順。右手をタムに振り分けたり、バスドラムとリンクさせてお洒落なリズムパターンに展開したりと、とても応用範囲が広いですね…

エレドラ本第二弾、出ました!

『活きたグルーヴを身につけるための 独習!電子ドラム』ヤマハミュージックメディアから1月19日に発売されました! 前作「今日からはじめる電子ドラム」が大ヒットしたことから頂いた今回の企画。今回は中級者向けということで、前作以上に身体の使い方を掘…

筋肉がなくても人は動ける。骨格だけで歩く「受動歩行ロボット」の衝撃

生徒さんから教えてもらった動画に衝撃を受けたのでご紹介します。5分くらいの動画です。 《革新のイズム》 第59回:歩行支援ロボットで福祉に革新をもたらす研究者 佐野明人 これ、凄くないですか!?だってモーターもバネも、何の動力もないんですよ!?人…

力まないコツ

速く叩きたい、大きな音で叩きたいのに力んでしまって身体がついて来ない・・・。 頭ではリラックスした方が良いとわかっているのに・・・。 上達したいドラマー共通の悩みですね。 今回は「速いフレーズや大きな音をリラックスして実現するためのコツ」を書…

山北弘一のプロフィール

1976年大阪生まれ。灘中学・高校卒、慶応大学中退。 15歳でドラムに出会い人生が変わる。プロの端くれとして音楽活動に明け暮れながら20代を修行期間として過ごし、31歳でドラム講師として独立。教室は今年で11年目に入り、指導時間は1万時間以上、マンツー…

謹賀新年

あけましておめでとうございます!2018年もどうぞよろしくお願いいたします。 テレビの正月番組を見ていたら、イップスで一線を退いた元卓球選手の話がありました。その方はいま実業家として、ショッピングモールで卓球イベントを開催するなど活躍していると…

ドラマーのための身体塾

ほぼ月イチ開催、ドラマーのための身体塾。 毎回様々なレベルの方がご参加くださり、楽しく学んでいます。 今月は東京が22日、大阪は昨日24日でした。 このところ特に意識しているのは、積極的に質問を頂くということ。 僕からの一方通行の説明やデモではな…